« 私の1日♪ | トップページ | 病気と見舞い 心配と安心 »

「人を使う」ということ・シフト編-1

私の勤め先は、365日営業しています。
年に数回朝食の予約が入ることもあり、そんな時は朝6時に出勤だったりもしますし、逆に遅い時間に予約が入ると、日付が変わってからの帰宅となることもあります。

もちろん、世間様の連休とかGWとか盆暮れの休みなどには、まったく縁がありません:笑
毎月末に翌月のシフトを組んで、スタッフにはそれにしたがって働いてもらうわけです。
(ま、私の場合は、自分で組んで自分で働くワケですが…)

予約のみの営業ではないので、お客様が来られても来られなくても、お店は必ず開けます。
開店直後はヒマだったのに、その後いきなり満席になったり、当日予約がどんどん入ってしまい、サービススタッフが足りなくなったりということもありますので、読みきれない要素も多く、毎月シフト作りには苦労しています。

他のお店の様子を聞くと、翌1週間ずつのシフトを毎週発表していたり、毎日翌日からの3日間分のシフトを作ったりと、少しずつ人の手配をしているところもあるようです。

たしかに、不確定要素が強い商売ですから、なかなか人の手配がつかないこともあり、先の先まで見通したシフトは難しいでしょうね…Σ
しかしウチの場合は、どうしてもスタッフに先を見て欲しいので、難しいのを承知で1か月分を作ることにしています。

シフトは、スタッフ全員がそれぞれ1ヶ月に7~8日休めるように組んでいるので
、年間では96日間前後が「公休」となります。
社員、契約社員には有給休暇もありますので、それを使うと、だいたい年間100日ぐらいは休めるのかなぁ…??
(まあ、あくまでも「だいたい」であり、「予定は未定」であるけどね:笑)

大手企業さんの休日は年間約120日間ですが、サービス業界だと90~100日間のところが多いようですから、ウチはまあまあの線、というところ♪

|

« 私の1日♪ | トップページ | 病気と見舞い 心配と安心 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人を使う」ということ・シフト編-1:

« 私の1日♪ | トップページ | 病気と見舞い 心配と安心 »