« 日本料理の食卓作法Ⅰ-C | トップページ | 六輝六曜の話 »

着物の着方いろいろ

最初の頃の日記にもちょっと書きましたが、私は「着付け」をちゃんと習ったことがありません。
まあ、和裁師の娘であり、比較的着物に縁のある家で育ちましたので、普段着くらいは着られたのが良かったのか、好きだからあまり苦でなかったのか、自分で着物を着て仕事をするということに抵抗が無かったということは、ありがたいと思っています。

幸いにもウチで働く人たちは、やはりみんな着物が好きです。
毎日着ているうちに互いに直しあったり、キレイに着られるコツを伝授しあったりで、新人さんも中途さんも、だんだん上手にきちんと着られるようになってくるのは、見ていても嬉しく、気持ちの良いものですね♪

面白いもので、着付けにもその店の性格が出ます。
ウチの先代女将は銀座の料亭出身ですから、襟元をきちっと締め、帯も胸高に、一巻き目と二巻き目をあまりずらさずに締める、どちらかというと素人さんに近い着付けを教えていました。

これが赤坂、神楽坂あたりの料亭さんになると、ちょっとタテ長に襟元をあわせ、帯はぐっと下げて、一巻き目と二巻き目を斜めにずらして締める、ちょっと粋な感じの着方になるんですね~。

在所はもちろん東京ではありませんが、配膳さんが赤坂で働いていた方だったり、ということがあります。
またこの着方は、在所の温泉ホテル系の仲居さんたちもなさるようで、そこで働いた経験のある方もいらっしゃいます。
そうするとそこで覚えた着付けで着ますから、ウチの常在スタッフとはカラーが違ってしまうのですね。
そんな時は、少しずつみんなで教えあいながら、同じように着付けられるようにしていくわけです。

「でも着方って個人の自由だから、粋だろうと素人ふうだろうとかまわないんじゃない?」
こう言うかたも中にはいらっしゃいますが、でもやっぱりお店のカラーって大切だと思います。
個人らしさは、その統一されたカラーの中でも充分発揮できるのですから、ある程度の絞り込みは必要なのです。

↑なんか、学校の制服談義のようですね:笑
あ、でもウチも「制服」ですから、あってるか~♪

余談ですが、在京時代の私の職場は、銀座の数寄屋橋交差点近辺にありました。
夕方から夜にかけて、銀座のお姉さま方が出勤されていく、その姿の美しかったこと―。
当時は今ほど着物の良し悪しもわかりませんでしたが、それでも着物と帯の組み合わせや色の選び方の凄さ、立ち姿、歩む姿のあでやかさは忘れることが出来ません。

銀座で見かけるホステスさんたち、芸妓さんたちはまた、着物の着方がちょっと違っていました。
詳しいことはわからないのですが、とにかく帯のお太鼓を大きく、角をピンと張って結ぶのです。
当時のお客様が、「あれは素人さんがまねをしちゃ絶対にダメだよ」と教えてくれたのを覚えています。

それでも、派手な着物はまず見たことがありませんでしたねぇ…。
落ち着いた地色と少ない色で、しかし「えっ?」と必ず振り返ってしまうような着物が多かった記憶があります。

そして、どんな若いホステスさんも、着物に着られている人は見かけませんでした。
みなさんごく自然に、しっかり身についた感じでしたね…。
懐かしい話です…:笑

|

« 日本料理の食卓作法Ⅰ-C | トップページ | 六輝六曜の話 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

和の装い」カテゴリの記事

コメント

着物ってなんであんなに晴れやかなんでしょうね。
でも、私の勤務地は赤坂ですが最近そんなに粋な感じの人は最近見かけないような・・・。
時勢なのかなんなのかわかりませんが、今度女将さんの言う時間帯に銀座ウォッチングしてみます。

投稿: 満月 | 2006年3月23日 (木) 23:49

こんばんは~♪
私が存じ上げている方たちに限りますが、30代後半~それより上のお年の男性で、着物(を着た女性)が嫌い!と言う人は皆無です:笑
日本人のDNAに、「着物」って好感度バツグンで刻まれているのですね♪

満月さん、お勤め先が赤坂ですか!!懐かしいです~☆
相方の1人が、当時社内異動で赤坂に勤めていました。
青山3丁目の駅でよく待ち合わせをしましたよ~。
しかし、私の在京時代は○○年前ですからねぇ…:笑
現在進行形のご参考にはならないかもしれません…ごめんなさい~:涙
銀座に関しては、現在でも19時ごろから20時過ぎあたりに、お姉さま方がご出勤の様子を見られると思います♪
みゆき通り、すずらん通り、意外に外堀通りあたりがお勧めですよ:笑

投稿: okamider | 2006年3月24日 (金) 01:41

おはようございます。着物の洒落っ気が好きです。
私の母も和裁師でした。私が小学生の頃、母が自宅で和裁教室をやってまして毎週綺麗なお姉さんたちが習いに来ていました。だから着物に魅かれるという訳ではないのですが、歳のせいか最近無性に着たいと思っています。

投稿: トムノグ | 2006年3月25日 (土) 12:30

こんばんは~。
男性の着物姿、とても好きです。
始めの方の日記にも書きましたが、父も帰宅すると着物を良く着ていましたから、そういう影響もあるのでしょう:笑
日本人の男性は、ある程度の年齢になると恰幅が良くなりますが、それがまた着物が似合う要因だと思います。
トムノグさんはご存知と思いますが、「丹田」のちょっと下に帯を締めるので、身体にも良いそうですよ。
あらたまって着ようと思うと大変かもしれませんが、普段着からぜひお召しになってみてくださいね♪

投稿: okamider | 2006年3月26日 (日) 01:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物の着方いろいろ:

» 男の着物 [フィックス・心の手帖]
なんてお洒落なんだ!男にも着物という素晴らしいものがあったではないですか。仕事 [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 12:20

« 日本料理の食卓作法Ⅰ-C | トップページ | 六輝六曜の話 »