« 習ってみたいもの・華道 | トップページ | はっきり話そうよ! »

桜咲く

庭の小さな枝垂れ桃が満開となりました。
私の肩くらいしか高さが無い木なのですが、その小ささから「花かんざし」のように見えて、とても愛らしい風情です。

春らしく3日おきに天気が変わり、風が強かったり、にわか雨が降ったり―。
それでも、陽射しのあるときはたっぷりと日光を浴びて、生き生きと輝いてます。

「卯月」(うづき)とは4月の古名ですが、十二支の4番目が「卯」だからとも、旧暦4月に「卯の花」が咲くことから呼ばれるようになった、とも言われています。
また、稲を作るのに植え付けの月だから「植月」(うえつき)と呼び、それが変わって「うつき」になったという説もあるとか―。

================================================

今日はオフでした。
天気にも恵まれたので、花見歩きです♪
在所では、ようやく桜も八分咲き―。
桜は、八分咲きになると「満開」と呼ばれるそうですね。
完全に満開になると同時に散り始めるので、八分九分咲きの時が一番、枝が密度濃く見えるからだそうです。

自宅から車で5分も走ると、幸せなことにたくさんの桜が美しい、広い公園があります。
平日がオフのありがたさで、ほとんど人の居ない時間にゆっくり回ることが出来るのですが、朝昼晩それぞれの美しさを堪能させてもらえる幸せを味わっています。

「桜は咲き時を相談する」とも言われますが、芝生のラグビー場をぐるりと取り囲んだ古木たちはみごとに咲き競い、遠目に見ると、まるで薄い桜色の雲が下りてきて浮かんでいるかのようです。

私が生まれるずっと前に植えられた古木たちは、中には抱えきれないほど幹の太いものもあります。
それらは、静寂の早朝、光あふれる華やかな日中、幻想的な夕方、闇のなかにほの白く浮かぶ夜、それぞれの美しさで人間を圧倒しています。

みんなで花の下、わいわいやる「お花見」も楽しいですが、私は人気の少ない時間にゆっくり歩く、自己流の花見が大好きです。
時には「外コーヒー」セットを持って行き、のんびりと花をながめながらの一服―。
何にもまして幸せなひと時ですね…:笑

桜の時期は、卒業や入学など人生の節目と重なるせいか、「あの時は…」と思い出すことがけっこうあります。
身内が入院した春に、不安な気持ちで見上げた桜もありましたし、自力ではどうにもならない事でつまずき、辛くながめた桜もありました。
初めて1人暮らしをした春の、当時住んでいた近所の桜は美しかった印象がありますし、満開の上野の山を、わが世の春と、幸せな気分で歩いたこともありました。

また、さまざまな場所でいろいろな桜にめぐり合い、それは大切な記憶たちと結びついています。
場所で印象に残っているといえば、車でただひたすら走ってたどりついた山奥で、たった1本満開の花を誇った桜を見つけたこと、それこそまったく人の居ない、独り占めの贅沢な花見でした。

箱根の山で、満開の桜に降りしきる雪を見たことも印象深いです―。
どんなに満開でもどこか寂しさを含んでいる桜が、降りかかる雪のベールの向こうにかすみがかって見え、この世のものとは思えないほど凄みのある景色でした。

いつも不思議に思うのですが、どうして私、桜が好きなんでしょう?
どなたかが「日本人の身体の中には、桜のDNAが入っている」とおっしゃっていましたが、ある意味うなずける話かも―:笑

日本語で「花」といえば=「桜」を指します。
「ソメイヨシノ」は、江戸時代に品種改良された品種で、花が終わってから葉が出ますが、それ以前は桜といえば山桜で、花と若葉が一緒に出るものでした。

お祝い事に使われる「桜茶」は、八重桜の花を塩漬けにしたもの。
ソメイヨシノよりも色が濃くてまさに「桜色」、花びらも多いので開いた時がきれいです。
残すか食べるか迷う人が多い桜もち用の塩漬けの葉は、花よりも強く桜の香りがします。

草木染めをする人に聞いたところでは、布地を「桜色」に染めるには、花をいくら集めても色が出ないとか…。
あの色を出すには開花前の桜の樹皮を削いで、それを煮出した液で染めると、まさに「桜色」になるそうです。

料理の世界では、「桜煮」「桜飯」というものがあります。
これは、しょうゆの色を生かした料理で、「たこの桜煮」などが有名ですね。
他には、「アマダイの桜蒸し」や揚げ物に添える「桜塩」などもあります。
「道明寺粉」を使ってアマダイを包み、塩漬けの桜葉で巻いて蒸し上げる桜蒸しは、春の献立の大切な一品ですし、乾燥させた塩漬けの桜花と葉と塩を、すり鉢でよーくあたって作る桜塩は、お客様に大変好評です。

美しく咲いた桜も、満開から1週間で散り時を迎えます。
来年もまた元気で桜を見られることを祈りつつ……。

|

« 習ってみたいもの・華道 | トップページ | はっきり話そうよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節の歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜咲く:

« 習ってみたいもの・華道 | トップページ | はっきり話そうよ! »