« 日本の祝事-子供編4 | トップページ | 日本の祝事-子供編5 »

肩こり、頭痛持ちの話

頭痛がしております……偏頭痛持ちです…Σ
自分では意識していなかったのですが、エライ肩こりだそうで、以前受診した時、お医者さんに驚かれました。

―っていうか、昔あまりの頭痛に在所では大きな病院に行ったら、最初診てくれたお医者さんが深刻な顔して「すぐに脳波とCTとMRIを撮りましょう!」って言ったんですよ!
で、時間かけて撮ったわけですが、まったく原因が見つからない:爆笑

画像見て先生が悩んでる間も、血圧下がってめまいはするわ嘔吐はするわで、ずいぶん看護婦(当時の表記)さんにご迷惑をかけました。
「取り急ぎ即入院、絶対安静!」とか言われたんですが、結局は翌朝に放免されて、「じゃ、通院ね!」と言い渡されました。

その時は自分も、小さい時から丈夫だけが取り柄で生きてきたので、思わぬ事態にうろたえてしまい、しおたれていました。
日頃丈夫な人ほど、ちょっと調子が悪いと凹むというのを、あの時は身を持って知りましたねまったく:笑

しかし、その後まったく改善されないので、紹介された心療内科の所へ行ったら、両手で頭をつかまれ、そのまま首、肩、背中と触診されて、上記の言葉が……。

「あんた、エラい肩こりやねぇ~!」 
(関西出身)

「はあっ?!?!!」


本人は普通だと思っていたので、言われるまでまったく気づきませんでしたし、逆に
「肩こりの人って辛そうだな~…。あ~自分肩こりじゃなくてよかった♪」
などと思ってましたよマジで:笑

当時、「心療内科」って新設されたばかりで、どんな治療をするのかと思っていましたが、私の場合は「じゃ、鍼(はり)打ちましょ」と言われ、身体の後ろっかわ、頭のてっぺんから尾骨まで、びっしり鍼を打ってもらいました。

この先生は、西洋医学の医師免許の他に、鍼灸師の免許も持ってらっしゃる先生で、東洋医学と西洋医学を組み合わせる診療をなさってる方だったんですね。
飲み薬も漢方だったりしましたし―。

私にとっては生まれて初めての「鍼治療」でしたが、初めの2~3回が過ぎると、だんだん楽になっていくのがわかるようになり、半年も過ぎるころには、頭痛が起きる回数もすっかり減りました。

偏頭痛のこともいろいろと教えていただき、完治は難しいかもしれないけれど、気長に付き合っていくこと、痛みを我慢しないことなどを学習しました。
やっぱり「知らないことは怖い」ですもんね…。

当時教えていただいたところによると、偏頭痛には種類があって、大きく分けると
1.緊張などで、血流が滞って起きるもの
   こめかみから、後頭部が締め付けられるように痛んだり、重い痛みが長く続く
2.何らかの原因で血流がよくなり過ぎて起きるもの
   拍動にあわせるようにズキンズキンと痛むことが多い
があるそうです。

原因が逆ですから、手当ても逆をしてしまうと痛みが悪化しますね。
1は、シャワーやお風呂に入って温めたり、蒸しタオルなどを後頭部から首筋にあて、安静にすると痛みが薄れますが、2の時にこれをすると逆効果です。
2は、冷たいタオルで後頭部や首筋を冷やし、薄暗いところで頭を高くして横になると、楽になってきます。

また、どちらのケースも「前兆」というか、自分にはわかる「なんとなく痛くなりそう」というものがあるので、その時にいわゆる「頭痛薬」を飲むのがお勧めです。
「薬はどうも…」という人も多く、実際私もそのひとりでしたが、今は薬の質も上がっていますし、上手く使って痛みが無くなるほうを選ぶようになりました。

あくまでも自分の経験ですが、完全に痛みが始まってから飲むと、効き目が弱いのです。
あ、来そうだな、とか、痛み始めたな、というあたりで飲むと、ほとんどそれ以上ひどくならずに、いつのまにか痛みが消えています。
嘔吐するほどの痛みを思うと、我慢して良い事は何一つ無いと思いますよホント…:笑

今回も痛み出してからすぐ常備薬を飲んだので、ブログを書き始めた時の痛みが、今はもう消えていますモンね♪
ほっとすると言うか、助かった!って感じかなぁ…。

え?肩こりですか?
はい、現在もよ~く凝ってます:笑
時々自分へのご褒美に、プロのマッサージをお願いするのですが、たいていは
「指が入りません!」「頼みますから、しばらく通ってください!」
などと言われています:笑
しかしながら、通うには元手がかかりますよね~。
しがない勤め人女将には、なかなか難しいのですよ…@@

上記の鍼は健康保険で打ってくださるので助かりますが、なかなか予約が取れず、こちらも間があいてしまうのが難点…Σ
あとは自分で出来るマッサージとか、低周波治療器とか、日帰り温泉ぐるっと湯煙の旅とか(←?)それなりに手を尽くして戦っております♪

|

« 日本の祝事-子供編4 | トップページ | 日本の祝事-子供編5 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩こり、頭痛持ちの話:

« 日本の祝事-子供編4 | トップページ | 日本の祝事-子供編5 »