« 半夏生ずる、さなぶりす | トップページ | グラスと氷 »

七夕の節句

今日は七月七日、いわずと知れた「七夕」(たなばた)の日ですね。
七夕は本来、五節句の一つであり、「七夕の節句」(しちせきのせっく)と呼ばれました。
前にもご紹介していますが、「節句」とはもともと魔よけの行事ですから、七夕の節句も悪鬼を鎮め、神を祭るものでした。

日本古来の風習では、毎年この時季になると各集落で「棚機女」(たなばたつめ)を選び、「機屋」(はたや)を立てます。
選ばれた棚機女はその中にこもって布を織り、その布を神様に捧げて無病息災を祈ったのが始まりでした。

また、七夕に「そうめん」を食べる風習が現在でも各地にありますが、あれはもともと「索餅」(さくべい)という菓子を食べていたことから始まっています。
疫病を流行らせる鬼神が「索餅」を好んだといわれ、それを人間が食べることで鬼神を鎮められると考えられていました。
その後、時代が下るにしたがって、この菓子が、次第に食べやすくのど越しのよい素麺に替わっていったわけですね―。

さて、皆さんがよくご存知の牽牛星(彦星)と織女星(織姫)のロマンチックな伝説は、古く中国から伝わったお話です。
日本には、だいたい奈良時代に伝わったとされていますが、この伝説に先の「棚機女」(たなばたつめ)の風習が結びついたものが、いまに伝わる七夕の行事だといわれています。
考えてみれば、「七夕」と書いてなぜ「たなばた」と読むのか、ちょっと不思議な感じですよね―。
でもそれも、中国と日本の二つの話しが結びついたからだとわかると、納得できます:笑

ちなみに、織姫と彦星の伝説が生まれた中国では、このお話しが広まるにつれ、織姫にあやかろうと機織りの上達を祈願するようになりましたが、後には機織りに限らず、裁縫などの手芸一般、さらに、詩歌管弦、書画図工などの技芸の上達までを祈願する祭りとなりました。
この祭りを「乞巧奠」(きこうでん)といい、これは「乞」こいねがう、「巧」技巧の、「奠」祭り、という意味になります。

この「乞巧奠」は、平安時代の貴族の間で広まり、竹竿に糸をかけて星に祈りを捧げる「星祭り」を行うようになりました。
昔々の宮中での資料などをながめてみますと、東の庭に筵(むしろ)を敷き、四隅には竹竿をたててその内側には高机をならべるとあります。
高机の上には、山海の珍味や果物がお供えとしてたくさん並べられましたが、その他にも琵琶や和琴を飾って、技芸の上達を祈願したという記録があります。
もちろん、その際にはたくさんの人たちが宮中に召されて盛大な宴も催されたとありますから、なかなかに風雅な祭りであったことでしょう―。

一方、一般庶民の間に「七夕」が広まったのは、江戸時代といわれています。
初めは、裁縫や織物の上達を祈り、良縁を願う女の子の祭りであったようですが、寺子屋が増えるにしたがって習字の上達をも願う、子供全体のまつりとなっていきました。
笹竹に、詩歌や願い事を書いた短冊や、さまざまな飾りをさげて軒下に飾るのも、この江戸時代に普及していったようです。

ちなみにお飾りの笹竹は、七月六日の夕方に飾り、七日の夜には取り込んでしまうのが正式な慣わしです。
取り込んだ笹竹は、昔はそのまま川に流していましたが、現在では神社でお焚き上げをしてもらうことが多いようですね―。

近代になると、各地の商店街などがイベントとして大々的に飾り付けをするようになり、夏の大きなお祭りとして定着してきました。
特に有名なのが、神奈川県平塚と、宮城県仙台のたなばた祭りですね。

ちなみに拙宅では、私が幼い頃、蓮芋の葉に溜まる朝露を集めてそれで墨をすり、短冊に願い事を書いた記憶があります―。
それをすると字が上達する、といわれてやった記憶がありますが…どうなの、自分…:笑

しかし、蓮芋の葉っぱの上でころころ転がる水の玉を集めるのは、楽しかったなぁ…。
イヤだったのは、でっかい芋虫がいたことくらいか…げげげ…思い出しちゃった…∑
いや、虫に罪は無いんです…わかってます、わかってますけど…ほんとにほんとに大っ嫌いなんだもん…ぐすぐす…:涙

|

« 半夏生ずる、さなぶりす | トップページ | グラスと氷 »

季節の歳時記」カテゴリの記事

和のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

七夕飾りの下でそうめんを頂き、ちびちび飲んで夕涼み。
そんな風情を味わいたいものです。

投稿: トムノグ | 2006年7月 8日 (土) 17:16

ああ! 昨日は七夕だった・・・
普通に仕事して呑んで食って寝てしまいました。
季節感ナッシングな私・・・

投稿: 満月 | 2006年7月 8日 (土) 22:39

トムノグさん、こんばんは♪
梅雨空の七夕では、織姫も彦星も会えずに寂しい思いをしていることでしょうね―@@
今月31日が旧暦での七夕ですから、30日の日曜日にでも夕方からゆっくり晩酌を楽しまれてはいかがですか?

満月さん、こんばんは~♪
はい、私も普通に仕事してご飯食べて寝ましたよ:笑
こうもはっきりしない天気だと、七夕の風情もあったものではありませんねぇ…。
旧暦の七夕に期待をかけて……あっ!月末でした…ぅぅぅ…。

投稿: okamider | 2006年7月 9日 (日) 02:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の節句:

« 半夏生ずる、さなぶりす | トップページ | グラスと氷 »