« 狐の篝火 | トップページ | 上半期、締めてます…:汗 »

英語での献立と食材図典

月末月初を乗り切りましたよ―^^)

さて、10月ですねぇ…♪
10月の旧名は「神無月(かみなづき)(かんなづき)」です―。
この月の由来をご存知の方は、けっこう多いのではないでしょうかね…。
1年に1度、日本全国の神々が話し合いをするために「出雲大社」に集まります。
そのため、神様たちが留守になるので「神無月」というわけですね。
当然、出雲ではこの月を「神有月(かみありつき)」と言うそうですよ。
ちなみに、神様の中で「恵比寿様」だけは出雲に行かずに残るので、各地で10月20日ごろにお祭りをし、慰めるそうです。

この月の別名は「孟冬」「初霜月」「陽春」「小春」「上冬」「玄冬」「始氷」「時雨月」などですが、「陽春」「小春」などの呼び名は興味深いものがありますね―。
冷え込む秋なのに、穏やかな春のような日を「小春日和」というのも、この旧名からきているのでしょうね。
紅葉の便りも聞こえ始めました―。
さぁ、今年はどれくらいの紅葉を見に行けるかなぁ…楽しみです(^^)v
================================================

Img_0343 在所は地方の一中堅都市ですが、いろいろな会社の主力研究所があったり、医科大学の研究棟があるせいか、年間を通すとそこそこ外国のお客様の利用があります。
もちろん、宿泊部には英語に堪能な人間がおりますが、レストランのスタッフは私を含めて覚束ないので、笑い話が山ほどあるんですねぇ……今日は言いませんけど―:笑

まぁ、外国からのお客様は遠路はるばる来ていただくわけですから、ホスト側も気を使って、いろいろと私たちにリクエストを出されます。
たとえば「生の魚は食べられないから出さないで!」と言う場合もあれば、「食べられなくても”日本料理ってこういうもの”というのを見せたいので、そのまま出して!」と言われることもあります。

また、外国からのお客様にわかっていただけるよう、当日の会席料理の献立を英語で書いて欲しいという依頼もありますが、これが意外と難しいんですよね…:苦笑
なんとかわかって欲しいと思うあまり、ついつい一所懸命に細かく書いてしまいがちなのですが、それが裏目に出ることもあります。
なぜならば、1から10まで説明しちゃうと、かえってわかりにくくなるからなんですね―。

たとえば、日本語で「小線長芋の黄身酒盗掛け 天山葵」というのを英訳するとします。
これを全部説明しようとしたら、最低でも次のような文章を英訳しなければなりません。

     「細く切った長芋の上に、カツオという魚の内臓で作った発酵食品である
     ”塩辛”を、日本の伝統的な調味料である”味噌”と卵の卵黄ですりのばし、
      米から作った甘味料酒である”みりん”と、日本酒で味を調えたものを
      掛けてある。また、薬味として、独特の辛さを持つ”山葵”をすりおろした
      ものを上に乗せてある」


どうですか?簡単な小鉢ですらこんな感じですから、この調子で10品を英訳していったら、いったい何ページの「取り扱い説明書」(笑)が出来上がるでしょう?
日本料理について研究しに来ている方たちならまだしも、ただ食事を愉しみたい人たちにとっては、いちいち細かい字を読みながらというのは、ストレス以外の何ものでもありませんよね:笑
こんな時は、思い切って単語を並べるぐらいの簡単さのほうが伝わるものです。

    「Japanese yam/delicacies(salted guts of bonito)
     Japanese horse-radeish」

   ※ちなみに”bonito”は「カツオ」のことで、スペイン語やフランス語で
    使われますが、獲れるところでの呼び名が広まったものか、英語圏
    でも通じるようです。
    英語での正式名称は”skipjack tuna”と言います。
    ワサビは、世界的な「スシ」の流行のおかげで、”wasabi”で通じます
    けどね―:笑

学校での英訳テストではありませんから、絶対的な正解不正解というこはありません。
2時間の食事時間を愉しく、「へぇぇ…日本料理ってこんなのが出るんだぁ…」と思いながら食べていただければ、それが何よりだと思うのです。

考えてみれば日本人だって、献立に書かれている食材を全部理解しているわけじゃぁないですもんね―www
野菜や魚の名前だけで「ああ、あれか!」って全部わかる人のほうが少ないんじゃないでしょうか。
「アマゴって、なに…?」とか、「へ?チシャトウ?トンブリ?」などとよく聞かれますし、ご説明したとしても「???」という場合も多いですしね。

また、たとえ英語が堪能な方でも、食材の単語を詳しく知っている方は少ないですから、
「栗って英語でなんて言うんだっけ…?マロン…?」
「白菜って?ごぼうって?海苔は…?」
などという質問もよくお受けします。

そして、それは外国の方も同じですよね―。
魚をほとんど食べない土地の方に、「アジ”yellowfin horse mackerel”」や、
「マダイ”red sea bream”」と言ってもピンとこないですし、野菜も同様です。
そうなると、もう長ったらしい説明文よりも、ビジュアルで見せるのが一番だったりしますよ:笑

Img_0342 写真の「食材図典」「料理材料大図鑑”Marche”」は、場合によりお客様の席までどんどん出張いたします。
百聞は一見にしかず、アジもヒラメもタイもマグロも、白菜長芋茄子長ネギ三つ葉まで、思い切ってそのページをお見せするとお客様は即、納得!
まぁ、アナゴだのウナギだのはちょ~っと退かれましたが、それでも「チャレンジする!」とおっしゃって、「思ったよりも美味しい!」と喜んでいただくこともしばしば…(^^)

―遠い国の人たちですから、別にリピーターになってくれるわけでもありません。
在所に滞在中でも、二度と来ない方たちかもしれません。
でも、だからこそ、少しの時間でも愉しんで帰っていただきたい―。
私たちスタッフは心からそう思って、今日も発音すらわからない単語を書き写しています。

|

« 狐の篝火 | トップページ | 上半期、締めてます…:汗 »

仕事」カテゴリの記事

サービスのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
そうですね、料理って最も翻訳しにくいものかもしれませんね。築地場内の寿司屋で英語のメニューを見た事がありますが、やっぱり全部写真付きでした。
最後は職人さんがKIAIで説明してましたし。

投稿: 満月 | 2006年10月 5日 (木) 21:36

満月さん、こんばんは♪
大雨の予想が出ていますが、大事ございませんか?
”KIAI”ですか、わかりますねぇ~。
ネイティブな帰国子女に翻訳を頼んだことがあるのですが、彼女も「難しいです~!」と言ってました。
「茶碗蒸し」なんてね、もう禅問答ですよ:笑
”一緒にものを食べる”というのは人間の基本的なコミュニケーションですから、言葉に頼らずに五感に訴えちゃった方がわかってもらえるようですね(^^)v

投稿: okamider | 2006年10月 5日 (木) 22:11

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語での献立と食材図典:

» 日本料理の特色について [暮らし生活情報]
料理の中でも、日本料理は、季節感や新鮮な素材の持ち味を活かしたヘルシーなメニューのため、近年、見直されつつあります。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 12:36

« 狐の篝火 | トップページ | 上半期、締めてます…:汗 »