« しゃりふブログ26♪ | トップページ | しゃりふブログ27♪ »

予防注射

七十二候では「熊蟄穴(くまあなにちっす)」の頃合い、熊が寒さを避けて冬眠に入る頃合い、という意味ですね。
今年は全国的に、熊が里に下りてきて起きる事故が多い年となりました。
在所の県内でも、ここ何年かの倍ではきかない数の捕獲数が報告されています。
昔は山と里の間に“里山”があり、野生の動物たちと人間との緩衝地帯であったものが、近年の荒廃によってその意味を失い、熊だけでなく猪、猿、鹿などが直接里へ降りてくるようになってのトラブルが、後を絶ちません。
“美しい国”とは、日本の風土を支える林業、農業の人たちに、もっと胸をはってもらえるようなしくみがある国のことではないのかと、最近よく考えます。
マネーゲームも、最先端の技術研究も大切なことには違いありませんが、しかし、人間やそれぞれの土地にもともと生息している動物たちが、当たり前に生きていくための自然のしくみ、命をささえる食の連鎖、そういうことに目をつぶっていては、とうてい“美しい国”造りは出来ないのではないか、そんなふうにも思っています―。
===============================================

インフルエンザの予防注射を打ちました―。
一昨年に罹ったとき、かなり辛い思いをしたので、早めの対策をとってみたのですが、これって、打っても“罹らない”のではなく、症状が軽くて済む、ということなんですよね…;
弱めた菌を体内に入れて抗体を作るわけなので、打ったところが熱を持って腫れ、いくらかの微熱と関節痛が出ています。
(でもこれには個人差があって、なんの自覚症状も無い人がほとんどだそうですよ)
これが収まると徐々に抗体ができて、1月中旬頃から効果が現れるってことですから、打ってすぐに効くわけではないので、ちょっと心配、というひとは、今月中に済ませることをお勧めします―。

インフルエンザはね、ホントに辛いですからね~~(--;)
私の場合は特効薬の「タミフル」が効きましたが、とにかく悪寒と発熱(朝39.8度、昼40.2度)には参りました―。
病院に行くのにも思うように動けないですし、やっと着いても待合室とかで座ってられなかったですからねぇ…。
しかも外来が混んでて、いったん帰されましたから、ちょっとの間、お花畑が見えましたよ:笑
家人は、本気で救急車を呼ぶつもりだったらしい―www

その後、午後一で出直した時に、すぐ調べて「りっぱなインフルエンザですよ」と言われたのですが、それまでまったく自分ではその可能性を考えていませんでした。
なんだか、自分は罹らない、って、どこかで思ってたんですねぇ。
会社でもかかっている人はいませんでしたし、車通勤でしたから、電車バス内でということは無いと思っていましたし…。
すっかり普通の風邪か何かだと思っていて、ほんと、油断してました―。
処方された「タミフル」を飲んで、5時間で熱が下がってきた時には嬉しかったですねぇ…。
熱が上がると悪寒がつのってきて、水も飲めないし、じっと横になってられないくらいの気持ち悪さなんですもん―Σ
それがすぅ…っと楽になっていく感じ、あれは本当にありがたかったです…。

そんなわけで、予防注射に期待をかけてますが、それにもまして今シーズンは「ノロウィルス」が猛威をふるっていますね―。
飲食業として、全力で予防にあたるのはもちろんですが、他からの感染にも注意しなければなりません。
手洗い、うがい、マスク、この3点セットが何よりも感染防止に役立ちます。
ことに軽視されがちな「手洗い」は、ぜひ積極的になさることをお勧めします!!
どうかこの冬を元気に健康で乗り越えられますよう、皆さんもぜひ、自己防衛に努めてくださいね♪

|

« しゃりふブログ26♪ | トップページ | しゃりふブログ27♪ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
ノロウィルス怖いですね。最近テレビや新聞で目にすることが多くなったような気がします。
女将さん推奨の手洗いですが、幸い私は家に帰ると必ずしています。というのも近眼&乱視なのでハードコンタクトレンズをしている都合上、家に着いたら毎日はずす必要があるのです。で自然と手を洗うわけです。
あー近眼でよかった・・・はちょっと悲しすぎか。

投稿: 満月 | 2006年12月14日 (木) 21:54

満月さん、こんばんは♪
ノロウィルスの大流行は、本当に怖いですね―∑
某ホテルで起きたように、感染した人のほんの少しの乾いた吐しゃ物が、踏まれることで空気中に舞い上がり、口に入ったり、鼻の粘膜から感染することがあります。
人ごみではマスク、ドアノブ感染を防ぐために手洗い、のどの粘膜を守るためにうがい、この3つは、帰宅時だけでなく会社にいらっしゃる時にもおすすめします。
気が付いたらする、というようにして、自己防衛がなにより大切と思いますよ―。
ちなみに、ノロウイルスなどに感染した場合、専門医の診察を受けるのが一番ですが、あわてて市販の下痢止めなどを服用するのは止めたほうが良いそうです。
まずは水分を出来るだけとり、身体の排泄行為(嘔吐、下痢など)で体内のものを出来るだけ早く出すことが肝心だそうですよ。
元気で年末年始を過ごせるよう、ご自愛くださいね♪

投稿: okamider | 2006年12月15日 (金) 00:54

<“美しい国”とは、日本の風土を支える林業、農業の人たちに、もっと胸をはってもらえるようなしくみがある国のことではないのかと、最近よく考えます。>

その通りです。美しい国とは作ろうと思って作れるものではなく壊さないことなのではないかと思うのですが。

予防接種されたのですか。私はここ5年以上風邪知らずです。自己満足のプロポリスとウコンのおかげです。(笑)

投稿: トムノグ | 2006年12月16日 (土) 00:04

トムノグさん、こんばんは♪
お題目のように連呼される“美しい国”発言が、どうにも薄っぺらに聞こえてしまう、ひねくれものの女将でございます。

“プロポリスは良い”という話をよく聞きます。
私もまわりから勧められていますよ(^^)
でも、インフルエンザは風邪とはまったく別の病気ですし、不意打ちでやってきますから、どうかご自愛くださいませ…。

投稿: okamider | 2006年12月16日 (土) 00:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予防注射:

« しゃりふブログ26♪ | トップページ | しゃりふブログ27♪ »