« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の13件の記事

しゃりふブログ36♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しゃりふ」が書きました。

Photo_58 「そういえば」
そういえば、okamiderがorz
====================================
<サービス>ここは、個人客を対象に絞って月末していこうという意志をはっきり持っている宿です。
とか思ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月末バトル!

0702 夕方の梅花―:笑
暖冬とはいえ、まだまだ庭が寂しくて、梅くらいしか撮るものがナイんですねぇ…そして、バタバタと月末がやってきました…orz
今夜は何時に帰ってこられるかわからないので、とりあえ0702_1ず寝る前に今日 の分を書いてしまおうということで…(^^;)
朝の早い方はまもなく「オハヨウ!」という時間ですが、とりあえず私はこれから寝ます―。
今日は少しゆっくりの出勤なので、9時くらいまで寝させてもらおうかな…(←でも弱気:笑)
毎度のことながら、2日ほど更新出来ないと思います。
最近はしゃりふも大人しいので、どうかかまってやってくださいませ―。
この間なんか、「誰も遊んでくれなかった」だの「誰だか知らないけど、ちょっとだけ遊んだ」などと連チャンで愚痴られましたよ―@@
==================================
↑なんてことを書いたら、さっそく今日の「ひみつ日記」に、「誰かが遊んでくれたので寂しくないよ」などと書き込みやがりました―ヤツめ、読んでたな!:爆笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲を旅する‐3続々

Photo_57 拙宅の庭の梅が、2本ともほぼ八分咲きとなりました。
例年よりも冷え込みがゆるく、夜になっても気温が高いので、帰宅する時には、かなり香りが強くなっていますよ^^
そういえば、夜にわざわざ写真撮ったこと無かったなぁ…と思って、0時過ぎにパシャパシャ。
はたから見たら、すっかり不審者ですね:笑
そして、別に何の関係もないのですが、いつも思い出すのが“夜の梅”という有名な羊羹です―や、やっぱり最後は食べ物か…orz
====================================

続きを読む "出雲を旅する‐3続々"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出雲を旅する‐3続

~湯の川温泉での宿~
・客室 10室 ・収容人数 43名
・宿泊料金 1人13,800円~
※1泊2食付/定員2名用客室の場合
 夕食料金と、部屋の大きさによって~30,600円まで料金設定あり


1259
<食 事>

食事は、夕食・朝食とも、左のレストラン棟でいただきます。
宿泊棟からは1~2分程度ですが、いったん外に出なければなりませんから、年配の方や小さい子供さんはやはり注意が必要です―。
1250 建物は古民家を移築したもので、べんがら塗りの柔らかい赤と、太い梁が印象的なつくりでした。
実はこちらのレストラン棟、ディナータイムは一般のレストランとしても営業しています。
1253 宿泊している間も、食事だけをしにくる方がけっこういらっしゃって、賑わっていました。
中には「え?ここって泊まれるの?」と驚 いている声もあって、面白かったですよw
1260宿泊者の場合、食事の席は個室で用意してくれます。
ちょっと急な階段ですが、中2階、2階にそれぞれ和個室と洋個室があり、そこでゆっくりといただくことが出来ました。

続きを読む "出雲を旅する‐3続"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出雲を旅する‐3

~湯の川温泉での宿~
・客室 10室 ・収容人数 43名
・宿泊料金 1人13,800円~
※1泊2食付/定員2名用客室の場合
 夕食料金と、部屋の大きさによって~30,600円まで料金設定あり

1214<部屋と温泉>
上は、今回宿泊した、2件目の宿の客室です―。
ここは敷地内に建物が3つあり、それぞれ「宿泊棟」「レストラン棟」「貸切風呂」となっています。
1212近くはありますが、屋外に出ることになるので、年配の方などは注意が必要かもしれません―。
宿泊棟は、昔からあった2階建ての旅館2棟のうち1棟だけを改装し、1~2階あわせて10部屋のみという、ゆった1210 りとしたつくりになっています。
各部屋には、ウォシュレット付きの洋式トイレ、陶器の洗面ボウルと木を使った洗面台、薄型テレビが備わっていますが、全体的に素朴な雰囲気の内装となっています。

1204 貸切風呂は、長屋のようにつながった平屋の建物で、それぞれ趣の違う4つのお風呂が、源泉掛け流しで24時間いつでも楽しめます。
1207_2入口の扉に、「貸切中」と言う札を下げて閉めれば、他から見られることはありませんし、しかも、時間制限無しで利用できますから、家族やグループでゆっくりと入ることが1205_2出来るのは嬉しいですね。
窓の無い、露天のような造りのお風呂もありますが、屋根がありますので 雨も気1208_2になりません。
私は、早朝に本を2冊持ち込み、ゆっくり手足を伸ばして浸かりながら、のんびりさせていただきましたv
4箇所全部、制覇したくなりますよ:笑
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初節句の準備

ゆうべ夜中にせっせと書いた「出雲を旅する‐3」は、残念なことに全部消えてしまいました…orz
書き直そうと思ってはみたものの、ちょっと気力が足りずに挫折……明日以降には必ず書き直しますね…しくしくしく…;;;;


070314 今週は、初節句のご予約で電話が多い週となりました。
早めにする方は今週の土日に、日にちを合わせたい方は3月3日の土曜日に予約をされます。
在所では、節句などを旧暦ではなくカレンダー通りにしますので、ちょっと寒いですが今ごろからの準備となるわけですね。
初節句のお部屋には、床の間に小さな緋毛氈を敷き、これまた小さなお雛様を飾っておきます。
本当は大きいお雛様を飾ってあげたいんですけれど、3組、4組と入っているときに、全部の組の大きいお雛様は用意できないですからね…;苦笑
あとは「白酒」をサービスでご用意するんですが…。
うぅぅぅ~ん…誰でも飲みやすいように、今年はカ○ピスにしようかなぁ…桃の○然水にほんのちょっとコアントローを入れても良いか…花びらを1,2枚浮かべると綺麗だし…不○家ネク○ーは今売ってないしなぁ……どうしよう…??
その他にも、箸置きは何を使おうかとか、ナプキンを薄桃色にしたらどうかな…などなど、いろいろと考えることは多いのですが…これが実は楽しい!!!のです:笑
本来なら、予約のお客様全部に、そのご用向きにあったテーブルコーディネートをフルでして差し上げたいのですが、経費との兼ね合いで少しずつしか出来ないのが寂しいですね―。
本格的に習ったことはありませんが(私、こればっかりですね♪付け焼刃大王だ:笑)あれこれと考えてのテーブルセッティングは大好きなんですよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃりふブログ35♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しゃりふ」が書きました。
Photo_56 「しかもきょうしゃりふは」
きょう、okamiderは出雲で満足したかった。
しかもきょうしゃりふは、ログインが心配しなかったよ。

====================================
ろぐいんはしんぱいしなかったさ…
でもゆうべかいたきじはぜんぶとんじゃったさ…
おかあさんもうものすごくがっかりさ…(--;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲を旅する‐2

20時半や21時スタートの会食が続き、連日24時近い帰宅が続いています。
お出かけの日々が、なんだかすごく遠い過去のような気がしますよぉ…:涙

>さて、お出かけ編は「宿泊」をお送りします。
今回は、完全に「お客様」の立場で泊まってみようということで、日中の仕事とは切り離して宿を選び、個人名で予約をとりました。
2軒の宿にお世話になりましたが、それぞれのお部屋とお風呂はいずれも素晴らしく、それぞれを堪能させていただきました。
ただ、残念なことに、食事とそのサービスに関しては明暗がはっきりと分かれてしまい、それがまた、私にとってはいい勉強に……;苦笑
これは、それぞれの宿のコンセプトと、サービス意識がどのようなタイプのお客様へ向いているか、それが確実に浮き彫りになったケースだと思います。

続きを読む "出雲を旅する‐2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出雲を旅する‐1

Photo_55 いっこうに冬らしくならないまま、春一番の便りが聞こえてきました―。
窓の外では、ニュースが「春の嵐」と表現している風雨が、だいぶ強くなってきています。
今日あたり、七十二候では「魚上氷(うおこおりにのぼる)」の頃合い、「温かくなった水の中に、魚の姿が見え始める頃」という意味ですね。
魚たちにとって、今年の冬は過ごしやすかったことでしょうが、暖冬で心配なのはこれから夏に向かっての水不足…。

日本でも「エコロジー」という言葉がかなり浸透してきて、家庭でも職場でも様々な取り組みが始まっていますが、工業の近代化が始まってからの200年でじょじょに起きた環境への悪影響を是正していくには、最低でも同じくらいの時間がかかるのではないでしょうか。
そもそも間に合うのか、自分の周りだけで意味があるのか、いろいろとネガティブなことを考えそうになるほど事態は深刻ですが、それでも、今出来ることを少しずつやっていくこと、それしか無いのでしょう…。

続きを読む "出雲を旅する‐1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ただいま…♪

1178 皆様、「ただいま」でございます―無事に帰ってまいりました。

しかし、どうもココログさん、調子が悪いですねぇぇ…:嘆息
昨夜はとうとうログイン出来ませんでしたし、今夜も23時から24時半までかかりました。
しかも、ログインしたあとの管理や編集画面も、やっと25時過ぎに開く始末……orz
記事を書いてる今も、まだ表示されない項目があったりして、なんだかちょっと心配です:泣


でも、とりあえず気を取り直して、出かけた先のお話をちょっとさせていただきますね…。

続きを読む "ただいま…♪"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

しゃりふブログ34♪

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しゃりふ」が書きました。

「子供今週に」
そういえば、okamiderが
冷たい雪を踏みながら、泣き泣き出て行く小鬼が可哀想で、子供今週に「ウチにくればいいのに」などと思ったことを思い出します。
とか書いてた?
==============================================
ホントにねぇ…ウチに来ればあったかいご飯食べさせてあげるのにねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週はお休み:笑/2

Photo_54 拙宅の庭の梅が、とうとうほころんできました!
本日の日中、最高気温は16度まであがって風も無く、本当に暖かかったですよ~♪

今週いっぱい、ちょっとお休みいたします―。
在所からふらふらと出かけてまいりますので、留守番はしゃりふにまかせておきましょう:笑
またにゃんこの言いたい放題になるかと思いますが、どうぞ遊んでやってくださいませ♪
ではまた来週……v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の鬼追い

0701_5今日は節分―。
昨年同様、炒りたての大豆に熱々のほうじ茶を注いでつくる「福茶」を用意し、それとは別に、ちょっとつまんでいただけるように煎り豆を添えてお出ししました。
Img_0687 香ばしくて美味しいと、皆様にはたいへん喜ばれたのですが、中でも「豆なんて食べたこと無いよ」と言っていた若い方が恐る恐る手を出してポリポリと食べ、「美味しいモンなんだね!」と満面の笑顔になったのは嬉しかったですね♪
素朴な味がわかるというのは、大切なことだと思うのです(^^)

昔は、立春・立夏・立秋・立冬の前日、季節の変わり目ごとに4回あった「節分」ですが、室町時代のころから、立春の前日にだけ、その名前を残すようになりました。
これは、当時の新年が「立春」から始まっていたため、歳神様が来る前に家内の邪気(=鬼)を追い出し、清めてからお迎え出来る様にとのことからでしたが、それに中国から入ってきた疫病祓いの儀式「大儺(おおやらい)」が混合して、現在のような「豆まき」となっていったのです。

続きを読む "節分の鬼追い"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »