« ただいま…♪ | トップページ | 出雲を旅する‐2 »

出雲を旅する‐1

Photo_55 いっこうに冬らしくならないまま、春一番の便りが聞こえてきました―。
窓の外では、ニュースが「春の嵐」と表現している風雨が、だいぶ強くなってきています。
今日あたり、七十二候では「魚上氷(うおこおりにのぼる)」の頃合い、「温かくなった水の中に、魚の姿が見え始める頃」という意味ですね。
魚たちにとって、今年の冬は過ごしやすかったことでしょうが、暖冬で心配なのはこれから夏に向かっての水不足…。

日本でも「エコロジー」という言葉がかなり浸透してきて、家庭でも職場でも様々な取り組みが始まっていますが、工業の近代化が始まってからの200年でじょじょに起きた環境への悪影響を是正していくには、最低でも同じくらいの時間がかかるのではないでしょうか。
そもそも間に合うのか、自分の周りだけで意味があるのか、いろいろとネガティブなことを考えそうになるほど事態は深刻ですが、それでも、今出来ることを少しずつやっていくこと、それしか無いのでしょう…。

=======================================
1251 もうずい分長いあいだ、“出雲”は私にとって「いつか必ず行くところ」というファイルに入っていた場所でした。
数多くの古墳を始めとする遺跡、古くからの社、史記に記載されている場所など、とにかくその所々を実際に歩いてみたい、自分の目で実際に見てみたいと願っていた土地なのです―。
今回は、一部でしたがそれがかなって本当に嬉しかったです♪
回ったところは、こんな感じで…(^^)

   出雲大社
   熊野大社
   八重垣神社
   日御碕神社
   八雲立つ風土記の丘
   荒神谷遺跡
   松江城
   松江城堀川
   松枝城下塩見縄手
   境港
   旧大社駅
   島根県立美術館
   足立美術館

写真もたくさん撮ってきましたので、一部をコメントつきで「写真帖」へUPしてあります。
よろしかったらご覧くださいね―。


 

|

« ただいま…♪ | トップページ | 出雲を旅する‐2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

サービスのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
出雲神社ですか。いいですねえ。私も神社が大好きなのですよ。だいぶ良い思いをされたようでなによりです。

投稿: 満月 | 2007年2月16日 (金) 23:55

満月さん、こんばんは♪
出雲大社へはぜひ一度行ってみたかったので、今回は本当に嬉しかったです(^^)
総白木で桧皮葺、大社造りの荘厳な美しさは独特なものがあると思います。
機会がありましたら、ぜひ行ってごらんになることをお勧めします!!

投稿: okamider | 2007年2月17日 (土) 01:27

こんばんは。
エコロジーについて、出来ることから…は本当にそう思いますよー!
プラスチックを分別することになっているんですが…うちの母は、動物番組などを見ていて温暖化で絶滅しそうになっている動物を「かわいそう」とは言うんですが、生ゴミにプラスチックゴミを捨ててしまいますorz
この前絶滅しそうな白クマを可哀想やって言ってたやろ!って言ったら不機嫌に……
「このくらい構わない」などと言いますし。一人の「このくらい」が積み重なって今大変なことになっているというのに。
生ゴミの中からプラスチックゴミを探して拾うたび、哀しくなってしまいます。
不燃ゴミ燃やす→ダイオキシン発生→温暖化→動物絶滅って、知識として持っていても、番組を見ても、結局現実感が薄いのかなぁ…と。
いまでこそエコや食品安全が言われてますけど、そんなこと言われて無い時代に育ってきた父や母には習慣がないから、いきなりやれと言われても難しいのかもしれませんが。
でも発泡トレイをスーパーに返すのと、マイバッグはなんとか定着してくれました(笑)

これからの人たちがやれば良いんじゃなくて、いま生きてる全員がもう既に始めてなきゃいけないですよね。

投稿: 海神 | 2007年2月18日 (日) 02:16

海神様、こんばんは♪
ご来臨ならびに、コメントをありがとうございます!!
とても嬉しいです!!!
エコの問題は、国とか大企業の努力も大切ですが、一市民が日常生活のなかで少しずつ習慣付けていくことで、それが大きな結果になることも多いと思うんです。
ごみの出し方一つにしても、エアコンの使い方にしてもそうですよね―。
しかし、「消費が美徳」と言われた時代に育った人達には、ピンとこないこともあるのでしょうか。
私よりも少し年上の方のほうが、そのあたりちょっと無頓着な気がします。
マイバッグも初めのころは、お店から断られたりしましたが、今ではだんだん当たり前になってきてますよね。
今がよければ、ということでなく、少しだけ先の未来のために、という気持ちがみんなの間に広がるといいな、と思っています。

投稿: okamider | 2007年2月20日 (火) 01:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出雲を旅する‐1:

« ただいま…♪ | トップページ | 出雲を旅する‐2 »