« 晴天の辟易(霹靂にあらず)@@ | トップページ | 異動報告‐二足草鞋 »

異動報告‐隋処作主

  マナー・料理関連のみご覧になりたい方は、左サイドバーの
  カテゴリーから、“テーブルマナー”&“グルメ・クッキング”を
  クリックしてください。
  関連記事のみを、まとめてご覧いただけます―。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
0703女将を務めて14年目の今年、異動の内示を受けました―。
幸い(と言って良いのか:笑)“転勤”ではないので、あくまでも現在の事業所内での異動ですが、料飲部からは転出となり、どうやら営業部で企画を任されるもようです;;
ま、前職から女将への異動も唐突でしたが、今回もまさにびっくり箱人事:笑
私を含めて5人が動く様相で、社内のあちらこちらで小さな渦が出来ています―@@

=====================================
「会社」という組織で働く以上、よほど理不尽な内容でないかぎり、社が決めた方針に従うのは社員の義務です。
人事異動については、異動の2週間前が内示と決まっていますので、新年度の4月1日に辞令を発令しようとすれば、ちょうど今ごろとなるわけですね。
唐突に思える内示も、社の規定に照らせば充分理にかなうことなのです。

社の決定に不満や不服を言うのは簡単ですが、しかし、組織の一員である以上、最終的に選択肢は二つしかありません―。
異動を“受け入れる”か、“拒否して辞める”か、ですね。
その人の居場所それぞれで、自分の意見、周りの意見が交錯するでしょうが、その過程に大した意味は無く、会社は、“動かしたさきの未来”しか見ていません。
それがイヤならば、あとは自分が経営者になるか、人事権を持つ偉いさんに出世するしかないでしょう―。

物分かりが良すぎますか―?
そんなことを言っているから、会社に良いように使われるんだとおっしゃる方もいるでしょうね:笑
私としてはそんなつもりもないのですが、不平不満をぶちまけて、それで事態が好転したのを一度も見たことありませんからねぇ…:苦笑
“隋所作主 立所皆真”ただ、それだけのお話です―。

|

« 晴天の辟易(霹靂にあらず)@@ | トップページ | 異動報告‐二足草鞋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
いやー、本当に大変そうですね。サービス業は人材が全て、言い換えると人間が全てですから、その人間の移動という行事は本当に一大事です。
という私も今のところ内示は受けていませんが、私の周りはなんだかそわそわしだしています・・・
これも企業人の宿命なのでしょうか。

投稿: 満月 | 2007年3月20日 (火) 22:49

満月さん、こんばんは♪
お気遣いいただき、ありがとうございます m(__)m
この時期はどこの会社でも、なんとなくそわそわするものですね…;
それでも、ウチはまだ転勤がほとんどナイだけマシかなと思っております。
同業他社では、あちこちの事業所を半年ごとに渡り歩くのが当たり前、というところもありますしね。

私個人的には、異動は必要だと思っています。
いろいろな仕事を経験することで、サービス業としての大切な貯金が出来ますから、自分のためにもなりますしね―。
今回は、下の人間になんとか階段を上がってもらうため、ちょっと乱暴にかき混ぜてみたようですよ;苦笑

投稿: okamider | 2007年3月21日 (水) 02:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異動報告‐隋処作主:

« 晴天の辟易(霹靂にあらず)@@ | トップページ | 異動報告‐二足草鞋 »