« 段取り悪くてオドロイタ! | トップページ | 1日早っ! »

刷り直しの恐怖

PRとして使うリーフレットを、50万部印刷することになりました。

年に4回発行してるものなんですが、今回はちょっとデザインを変え、発行日を前倒ししたので、かなりタイトな日程です。

それでもなんとかやりくりして、なんとか校了まで持っていったとき、それは起きました…(^^;)

リーフレットの中にグループの事業紹介を載せているのですが、そこのOKが出ないまま、色校→責了の連絡を入れてしまったというのです―。

印刷会社へ急いで連絡を入れましたが、当然、印刷に回してしまったとのことです。

そこで先方に印刷が終わっていることを伝え、なんとか今回は勘弁していただけないかとお話をしたのですが、どうやら前回も許可無しで掲載してしまった経過があるようで、がんとして許可を出していただけません。

いつもなら入らないチェックまで入って、アレもダメ、コレもダメ、と言われてしまいました。

もうこうなると仕方がありません―。
ハラをくくって、50万部刷り直すことにしました。

それにしてもまず、あれこれダメ出しを受けたところから、再度正しいデータをもらわなければなりません。

こちらが悪いのですから、丁寧なメールを送って教えを乞うことにしました。

すると先方も気の毒に思ったのか、『ココまでだったら掲載してあっても良いですよ』と言ってくれたのです(^^)

また、直後に印刷会社からも連絡があり、『印刷が遅れていて、まだ刷ってませんでした!』とのこと!!

いやぁ……本当にホッとしました( ^ω^ )

前任者からの引継ぎで最終校正から入ったとはいえ、きちんと引き継げなかった責任があります。

業務の受け渡しの時には起こりやすいこととはいえ、細かいことをオロソカにはできないなぁ…としみじみ思った一件となりました。

|

« 段取り悪くてオドロイタ! | トップページ | 1日早っ! »

仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刷り直しの恐怖:

« 段取り悪くてオドロイタ! | トップページ | 1日早っ! »