カテゴリー「心と体」の10件の記事

ご褒美

月1回、自分へのご褒美のようにマッサージ120分コースへ行く―。

普通のマッサージを90分、膝下のオイルマッサージを30分、って言うのがいつものパターンなんだけど、ホントは時間が短くてもいいから、もっとひんぱんに行くべきなんだよねw

しかし、マッサージで眠れる人がうらやましい…。

私の場合、120分間痛みと戦う時間なんだョw

身体中あっちもこっちもカッチコチなので、

先生がさして力を入れてなくても、ものすごく痛いのだ (。>0<。)

マジで「コンチクショー、2度と来るモンか!!」っていつも思うんだけど

終わると身体が楽になるから、やっぱり来ちゃうんだよねぇ…

どんなに痛くても揉み返しが無いってことは、先生と相性が良いんだろうなぁ…( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調管理

少し前(←って、よく確認したらもう2年前だった:笑)に体調を崩した主原因がなんだかんだと後を引き、2~3ヶ月に1回はえらく調子が悪くなります;苦笑
1日で復活できる時もあれば、2日寝込んだ挙句に10日引きずる時もあり、自分では予測が立たないのがちょっと凹みますが、いやいや、トシには勝てませんなぁ…ごほごほごほ…(^^;)

しかしそれでも痩せない不思議…こうなると、身体が自己防衛で『意地でも痩せないもんねっっ!!』と踏ん張っているとしか思えない…Σ
―田舎者は、やっぱどこか根っこがすごく丈夫なんですねあはははは…@@;

しかし面白いことに、その不調があるために他の病気にはかかりにくくなりました♪
いや、語弊があるな…かかりにくいというか、かからないように注意するようになったからかからないんだな…(←くどい:笑)

20代には夢にも思わなかったあれこれが、今の私の身体を守っています。
また、学生のころ部活で教えてもらったスポーツのための身体ケアが、この年になっても有効なのは嬉しいですね。

続きを読む "体調管理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予防注射

七十二候では「熊蟄穴(くまあなにちっす)」の頃合い、熊が寒さを避けて冬眠に入る頃合い、という意味ですね。
今年は全国的に、熊が里に下りてきて起きる事故が多い年となりました。
在所の県内でも、ここ何年かの倍ではきかない数の捕獲数が報告されています。
昔は山と里の間に“里山”があり、野生の動物たちと人間との緩衝地帯であったものが、近年の荒廃によってその意味を失い、熊だけでなく猪、猿、鹿などが直接里へ降りてくるようになってのトラブルが、後を絶ちません。
“美しい国”とは、日本の風土を支える林業、農業の人たちに、もっと胸をはってもらえるようなしくみがある国のことではないのかと、最近よく考えます。
マネーゲームも、最先端の技術研究も大切なことには違いありませんが、しかし、人間やそれぞれの土地にもともと生息している動物たちが、当たり前に生きていくための自然のしくみ、命をささえる食の連鎖、そういうことに目をつぶっていては、とうてい“美しい国”造りは出来ないのではないか、そんなふうにも思っています―。
===============================================

続きを読む "予防注射"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

びっくり血圧…!

昨日は爽やかに晴れて、まさに“小春日和”という一日でしたが、暦の上、二十四節気では「小雪(しょうせつ)」の頃合い、次第に冬が本格的になり、北国から雪の便りが聞こえてくるころ、という意味ですね―。

へっぽこスキーヤーとしては、ほとんど降らない在所よりも隣県の雪が気になるところですが、さて、今年の雪はどうかなぁ…。
昨シーズンは、スキー友達の不調で15年ぶりに1度もスキー場へ行かなかったくせに、なんだかあんまりブランクを感じてないんですよね…@@
こんな時は、つい調子に乗ってケガをしがちですから、シーズン始まったら気をつけないとなぁ……:苦笑
=============================================

続きを読む "びっくり血圧…!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギアがトップに…:笑

0610_9 7日は立冬、この日からは日の暮れもいっそう早くなり、深まる秋とともに冬の近いことをしらしめるかのような気候となっていきます―。
そして翌8日は、七十二候で「山茶始開(さんちゃはじめてひらく)」の頃合い、「椿または山茶花が咲き始めるころ」という意味ですね。

毎年のことながら、夏が終わると暮れまでが速いったらありません―@@
ま、暮れには確実に「今年も一年過ぎるのが速かったなぁ…」というわけですから、そりゃ半年なんて「あっ!!」という間に決まってますが…:笑

写真は在所にあるその名も「黒部ダム」です―。
いや…あの「黒部の太陽」とか、「トロッコ列車」の超有名どころではありませんよ…。
県北東のほんとに奥まったところにある小さなダムですが、放水している姿が美しいので好きなんですよ♪
めったにお目にかかれないんですけどね…(^^)
===============================================

続きを読む "ギアがトップに…:笑"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

復帰準備♪

Photo_6 気がつくと、葉月も終わり…。
陽射しはまだまだ強いですが、日没の時間が早くなり、朝晩の涼風はそこはかとなく秋の気配を含んでいます。
私の好きな季節が、もうすぐそこまで来ています―。

お久しぶりでございます、ヘタれきり女将でございます:笑
この一月ほど、寝て寝て起きて、寝て寝て起きての日々を過ごさせていただきました。
○○年ぶりの夏休みをいただいたようで、本当にゆっくりのんびりさせていただいたのですが、おかげ様で経過も良く、このたび9月から復帰できそうな見込みとなりました。

このサイトをご覧の皆様からもいろいろとご心配をいただきまして、本当にありがとうございました。
この場をお借りしまして、心から御礼を申し上げます―。

それにしてもこの1ヶ月、よく寝ました~!!!
こんなに寝たのは、学生の頃以来じゃなかろうか…:笑
長時間眠るのも体力が要りますが、昼も夜も気がつくと眠っているという…。
いや、違うか―。ふと目が覚めて、眠っていたと気づくんですね―。
いい年をして、こんなに眠れるものかと、いささか呆れましたよ:笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

休養中…

Photo_3 先月の体調不良からこちら、各方面の皆様にいろいろとご心配をいただいておりましたが、本日よりまた10日ほど療養することとなりました―。
いろいろと思うところはあるのですが、夏休みをいただいたと思って、すこしゆっくりさせてもらおうと思っています。

まぁ…いろんな意味で、たまには充電が必要ですよね…:笑
そんなわけですので、休養中は更新も休み休みということになりそうですが、どうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレスと付き合う

七十二候では「蛙始鳴」(蛙初めて鳴く)の頃合い、田んぼに水が入りだして、蛙の鳴き声が聞こえ始める頃、というわけですね―。

拙宅の庭では、杜若(かきつばた)、姫あやめ、ジャーマンアイリスが咲き出しました。
ここ何日か、日中の気温が28度の日があるかと思えば、15、6度の日もあり、身体の調子が狂いやすい頃でもあります。

「五月病」とは、新入生や新入社員がかかるものと言われていますが、その人たち以外にも、不調を訴える人が多くなる頃だそうです。
心身の不調は時に「怠け病」だなどと言われることもありますが、調子の悪い本人にしてみればツラいことです―。

自分でだめだだめだと思ってしまうと、どんどん落ち込んでしまいますが、かといって出ない元気を無理にしぼり出しても続きませんし、あとがさらに辛くなりますよね―。
気分転換を上手に出来れば良いのでしょうが、それも上手くいかないときは、とにかく寝る!これに尽きるようです。
調子が悪い時は、眠ってもすぐ目が覚めてしまったりしてツラいですけれど、それでもひたすら眠るのが正解―。
部屋の明かりを落として、目をつぶって横になっているだけでもずいぶん違いますね。

ええと、実もフタも無い話で恐縮ですが、客商売は正直、ストレスが溜まります:笑
自分で「あ、ちょっとまずいな~」と思えるうちはまだ良いのですが、気付かないうちに少しずつ溜まってしまうストレスは、ある日いきなり身体の変調で現れたりします。
そんな時は眠れなくもなりますし、頭痛が酷くなったり、食べられなくなったり、逆に食べても食べても満足できなかったり…。
(↑それでも食べることに関してなのがちょっと笑えますが…)

オフを上手に使って気分転換を図れば良いのですが、そのオフがなかなか取れないとき、私は、睡眠とお風呂に頼ります♪
本当は、私にとってダイビングが一番ストレス解消になるのですが、日帰りというわけにもいかず、思い立ってすぐ行けないところがツラいところですね―:苦笑
ヘタなゴルフでは、誰のせいにもできない分、自分に腹が立ってよけいにストレスが溜まりますし…:笑
(同じくヘタなテニスでは、相手にコテンパンにやられた悔しさで返ってストレスが軽減するのですが、ゴルフだけはダメですね~:笑 不甲斐無い自分に無性に腹が立ちます!)

あとは、「歩くこと」かなぁ…。
何だかいろいろ山積みになってる案件も、歩きながら考えると不思議とまとまったり、いっぱいいっぱいだったのが、冷静に考えられるようになったり、2~30分の散歩や通勤は、ちょうど頭をクールダウンするのに良いようです。

その人それぞれの「気分転換」と「ストレス解消法」があると思いますので、自分の身体と心のリズムを大切にして、元気に乗り切れるよう気をつけたいですね♪

それにしても、G.W開けの週始めは、さすがに静かですねぇ…。
ランチタイムも会社員の数がぐっと減って、連休明けのお財布のヒモはかなり固いようです:笑

| | コメント (0) | トラックバック (2)

肩こり、頭痛持ちの話

頭痛がしております……偏頭痛持ちです…Σ
自分では意識していなかったのですが、エライ肩こりだそうで、以前受診した時、お医者さんに驚かれました。

―っていうか、昔あまりの頭痛に在所では大きな病院に行ったら、最初診てくれたお医者さんが深刻な顔して「すぐに脳波とCTとMRIを撮りましょう!」って言ったんですよ!
で、時間かけて撮ったわけですが、まったく原因が見つからない:爆笑

画像見て先生が悩んでる間も、血圧下がってめまいはするわ嘔吐はするわで、ずいぶん看護婦(当時の表記)さんにご迷惑をかけました。
「取り急ぎ即入院、絶対安静!」とか言われたんですが、結局は翌朝に放免されて、「じゃ、通院ね!」と言い渡されました。

その時は自分も、小さい時から丈夫だけが取り柄で生きてきたので、思わぬ事態にうろたえてしまい、しおたれていました。
日頃丈夫な人ほど、ちょっと調子が悪いと凹むというのを、あの時は身を持って知りましたねまったく:笑

しかし、その後まったく改善されないので、紹介された心療内科の所へ行ったら、両手で頭をつかまれ、そのまま首、肩、背中と触診されて、上記の言葉が……。

「あんた、エラい肩こりやねぇ~!」 
(関西出身)

「はあっ?!?!!」


本人は普通だと思っていたので、言われるまでまったく気づきませんでしたし、逆に
「肩こりの人って辛そうだな~…。あ~自分肩こりじゃなくてよかった♪」
などと思ってましたよマジで:笑

当時、「心療内科」って新設されたばかりで、どんな治療をするのかと思っていましたが、私の場合は「じゃ、鍼(はり)打ちましょ」と言われ、身体の後ろっかわ、頭のてっぺんから尾骨まで、びっしり鍼を打ってもらいました。

この先生は、西洋医学の医師免許の他に、鍼灸師の免許も持ってらっしゃる先生で、東洋医学と西洋医学を組み合わせる診療をなさってる方だったんですね。
飲み薬も漢方だったりしましたし―。

私にとっては生まれて初めての「鍼治療」でしたが、初めの2~3回が過ぎると、だんだん楽になっていくのがわかるようになり、半年も過ぎるころには、頭痛が起きる回数もすっかり減りました。

偏頭痛のこともいろいろと教えていただき、完治は難しいかもしれないけれど、気長に付き合っていくこと、痛みを我慢しないことなどを学習しました。
やっぱり「知らないことは怖い」ですもんね…。

当時教えていただいたところによると、偏頭痛には種類があって、大きく分けると
1.緊張などで、血流が滞って起きるもの
   こめかみから、後頭部が締め付けられるように痛んだり、重い痛みが長く続く
2.何らかの原因で血流がよくなり過ぎて起きるもの
   拍動にあわせるようにズキンズキンと痛むことが多い
があるそうです。

原因が逆ですから、手当ても逆をしてしまうと痛みが悪化しますね。
1は、シャワーやお風呂に入って温めたり、蒸しタオルなどを後頭部から首筋にあて、安静にすると痛みが薄れますが、2の時にこれをすると逆効果です。
2は、冷たいタオルで後頭部や首筋を冷やし、薄暗いところで頭を高くして横になると、楽になってきます。

また、どちらのケースも「前兆」というか、自分にはわかる「なんとなく痛くなりそう」というものがあるので、その時にいわゆる「頭痛薬」を飲むのがお勧めです。
「薬はどうも…」という人も多く、実際私もそのひとりでしたが、今は薬の質も上がっていますし、上手く使って痛みが無くなるほうを選ぶようになりました。

あくまでも自分の経験ですが、完全に痛みが始まってから飲むと、効き目が弱いのです。
あ、来そうだな、とか、痛み始めたな、というあたりで飲むと、ほとんどそれ以上ひどくならずに、いつのまにか痛みが消えています。
嘔吐するほどの痛みを思うと、我慢して良い事は何一つ無いと思いますよホント…:笑

今回も痛み出してからすぐ常備薬を飲んだので、ブログを書き始めた時の痛みが、今はもう消えていますモンね♪
ほっとすると言うか、助かった!って感じかなぁ…。

え?肩こりですか?
はい、現在もよ~く凝ってます:笑
時々自分へのご褒美に、プロのマッサージをお願いするのですが、たいていは
「指が入りません!」「頼みますから、しばらく通ってください!」
などと言われています:笑
しかしながら、通うには元手がかかりますよね~。
しがない勤め人女将には、なかなか難しいのですよ…@@

上記の鍼は健康保険で打ってくださるので助かりますが、なかなか予約が取れず、こちらも間があいてしまうのが難点…Σ
あとは自分で出来るマッサージとか、低周波治療器とか、日帰り温泉ぐるっと湯煙の旅とか(←?)それなりに手を尽くして戦っております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

濡れマスク大作戦!

…あったかい…なんだか気持ち悪いくらいに暖かいです。
この間までの寒さはいったいどこへ?!
さっき銀行まで歩いて出かけたけど、何にも羽織らず普通に行けちゃいました。

まあ、このまま春本番と言うわけではないのはよくわかっていますが、身体がね~、あったかいのにはすぐ慣れるんだよね~:苦笑
このあとがくんと寒くなった時に、風邪をひかないよう気をつけなければ!!

のどが腫れやすいので、寒かった今年は濡れマスク作戦で乗り切りました。
(↑いや、まだ現在進行形ですが…:笑)

普通のガーゼのマスクを、熱めのお湯で濡らしてぎゅ~っと絞り、かけるだけ!
ミントのアロマオイルを1滴落としておくと、すーっとして気持ちイイです。

寝室が暖かいと眠れないので、暖房無し、加湿器キライなので、加湿無しという、底冷えの部屋で寝ています―@@

在所は関東でも冷え込むところですので、ぱりっぱりに乾燥して寒いと、すぐにのどをやられてしまうんですね~Σ
あとは寝ている間、口呼吸になってるんだと思いますが…:汗

夜、就寝時にかけると、朝起きた時にのどが痛いということが無くなりました。
寝ているときにマスクかけると、息苦しくて眠れない!!と言う人は多いと思いますが、これも不思議と慣れの問題みたいで:笑

「え~?寝てるときにマスクはちょっとな~」
と言っていたウチのスタッフも、いつのまにかみんな実践しているようです。

一番のコツは、よ~く絞ること、かな?
水分が多すぎると、重いし、布団のえり元濡れるし、抵抗強くて呼吸苦しいしで、ちっとも助けになりませんもんね。

夜だけでなく、通勤中とか、掃除している時とか、休憩の時とかも、ちょっとかけてると良いみたいですねぇ。
花粉症の人にも、乾いたマスクより楽~と、好評でした♪

館内は暖房で暖まっているのですが、やっぱりひどく乾燥しているので、鼻とのどに加湿できる濡れマスクは大活躍です♪
水だと、よく絞っても冷たくて、ぺとっとした感じなんですが、熱めのお湯だと、スチームっぽくて気持ち良いですよ。

さらに私は、ちょっとのどが腫れぎみかな?とか、鼻が詰まりそうだな、と言う時、鼻の下に「ヴィ○○ス・ヴェ○ラッ○」をこみっちり塗ってから濡れマスクをかけて寝ます。

スースーして、熱っぽい鼻のどが気持ちよく楽になって行くのが、嬉しいんですね~:笑
この方法もお勧めですよ♪♪

―しかし、今読み返して笑っちゃいましたが、なんでしょね、このブログ:笑
前文のつもりで書いてましたが、つい熱がこもって長くなったので、タイトルつけてUPします!!
名付けて、「濡れマスク大作戦」だっっ!!←ただの馬鹿決定:爆笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)