大きな銀杏並木の下に、一輪だけの椿が目を惹きました―。