鑽り火を行うための臼と杵を供する宮ですね…。
素朴な造りなんですが、ほかの社では見たことの無い(当たり前か…)簡浄な小宮でした。