日本最古の和歌と言われる「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」と須佐乃男命が詠んだ、まさにその場所に建てられた神社です。
八岐大蛇に襲われそうになる櫛那田姫を守り、大蛇を退治した後に結婚したことから、「日本で最古の結婚式行われた場所」などという案内も出ていましたが、実際にこの裏手には結婚式場がありました♪